2021年10月23日開始~

運動教室(年少~高校生)

身体を動かすのは楽しい!と伝えることが子どもと運動を考える上で、大切です。生涯にわたって運動に親しみ、健康的な生活を送る基盤となっていきます。

昨今では、子供の身体活動を伴う遊びや運動以外にも楽しいことが増え、勉強優先や親と一緒に楽しめるゲーム、ネットなどの普及、コロナ禍でのスポーツの活動停止などがあり、運動をしなくても今すぐに不健康になる事は無いですが、せっかくの5歳~12歳の脳と体の神経回路が繋がってくる運動神経系の発達が期待できる時期に身体を動かさないのは、勿体ないですし、子供でも成長と共に生活習慣次第で身体は硬くなり、将来の慢性痛や生活習慣病にも繋がります。

 

あとは、幼少時期から一つの競技だけに絞ることで、同じ動きを繰り返す練習で特定の身体の部位に負荷がかかり続けるとオーバーユースになったり、動きの幅を狭めたり、運動神経の発達が乏しくなることもあります。

 

整骨院での経験を通して、子どもの頃から身体を動かし自然と可動域を広げることや、ストレッチの習慣をつけてもらい、自分の身体の感覚を意識できると、身体操作が上手になり、怪我の予防や、姿勢の改善、大人になった時の健康意識の持ち方や運動へのハードルも下がり、慢性痛、生活習慣病の予防にもつながると考えてメニューを考えております。

 

この神経が発達する5~12歳の時期((プレ)ゴールデンエイジ期)にたくさんの動きをすると、運動が器用になったり、新しい動きの習得が早くなったりします。この時期に覚えた動きは大人になってもできます。しかしゴールデンエイジ理論では、この時期が重要ではありますが、臨界期では無いので、年齢を超えてしまったからと焦る必要はありません。

 

身体は小学3年生前後から硬くなっていきます。身長がぐんぐん伸び始める前に、たくさんの動きで身体を鍛え、コーディネーショントレーニングも取り入れながら、ストレッチもしっかり行い、固まらない身体作りを目指します。

 

中高生は、部活をしている子もいれば、身体を全く動かしていない子もいます。

中高生は、ストレッチなどの必要性を理解できる考え方や、努力を重ねる忍耐力も持ち合わせてきます。

本人が本気になった時が1番上達し、対象に集中して好奇心を向けるマインドになるとインプットは速く多くなります。

この時期はストレッチをしっかり行い、自分で身体の管理(セルフケア)を覚え、スポーツのケガや、慢性の肩こり、腰痛,

猫背などを予防しましょう。

 

健康的で動きやすい身体作りをする為に、子供のころから習慣にしてほしい動きやストレッチをたくさんとりいれた内容となります。

 

身体操作とは柔軟性、筋力、バランス感覚を総合的に向上させることでスポーツを始めるにも良い土台となる身体作りが可能になります。

一つのことをやるよりもいろいろな運動や動作を経験することで身体を固めすぎず自在に身体をコントロールできるようになり目指します。

※ゴールデンエイジ期と呼ばれる年齢には幅があり、個々の成長段階により違いがあります。発育発達の観点から身長が急激に伸びるスパート期前の時期に相当すると考えられます。(女子が小4.5年頃、男子が中1.2年頃が多いです)

 ※コーディネーショントレーニングとは、神経系に視点を置いたトレーニング方法で、『動きやすい身体をつくる』『自分の身体を思い通りに動かせるようになる』ことを目的とします。 

 

Aコース(年長~小3)

内容はストレッチ・動物の動き・逆立ちなどを行い、身体を動かす基礎の習得をめざします。特に年齢が低い子どもたちは飽きも早いので、遊び感覚でゆるめの内容で身体をたくさん動かすことをメインに行います。

第2,4土曜日 17時30分~18時20分

Bコース(小3~小学生)

身体がだんだん硬くなってくる年齢です。ストレッチもしっかりやりながら、自分の身体をある程度支えられることを前提に動物の動きをまねたり、日常生活ではしない様々な動きを行います。

 

第2,4土曜日 18時30分~19時20分

Cコース(中学生、高校生)

身体もどんどん発達しています。筋肉の使い過ぎや、固すぎていないかを意識しながらストレッチを中心に身体のバランス、使い方を意識して、セルフケアもできるように指導します。

第2,4土曜日 19時30分~20時20分

 


ご希望の方にYコース(第2.4土曜日の16時30分~17時20分)年少~年長(定員6名)ご予約可能です。

定員人数  各6名  裸足で行います

用意するもの

動きやすい服装(股関節が動きやすいズボン、鋭利な装飾がない服)水筒(飲み物)、汗拭きタオル、マスク着用

※駐車場は最大7台駐車可能ですが、道路沿いで入れ替わりも難しいので、安全の為、終了後はスムーズに入れ替わりが出来るようにご協力をお願い致します。

※予約のキャンセルは、都合がおわかりの時点で早めにご連絡ください。当日キャンセルの場合は、開催日正午までにお願い致します。

※コロナ対策の為、発熱、咳、鼻水、嘔吐、頭痛など、病院で症状を診断できておらずまだ回復途中にある状態の場合は、別日に変更をお願い致します。

Q&A

・対象はどのような子ですか?

基本は、運動や体育嫌いの子を無くしたい!という目的で行います。

Aコースでは、外遊びをあまりしていない子、身体を動かすのが苦手な子には、基礎的な動きや体を動かすコツを。ボールなども使うので、あまりボール遊びなど触れたことが無い子にもおすすめです。B、Cコース(小3~高校生)では、ストレッチが多いので、身体をあまり動かしていない子、姿勢が悪い子、室内で同じ姿勢で過ごすことが多い子、スポーツをしているけど身体の硬さが気になる子、におすすめです。

基本は運動が苦手な子の基準でメニューを組んでいるので、運動が得意、スポーツの習い事をしている子には、少し物足りないかもしれません。

室内で空間も制限されているので、思いっきり発散するくらい身体を動かしたい子には不向きです。

運動教室では、子供同士が競争や順位をつけるような声かけは基本しないように気を付けています。

特定の競技や個人へのフォームやトレーニング指導、はしていません。

・子供が運動嫌いですが参加可能ですか?

子どもさんが意図せずにつれてこられた場合は、すぐになじめない事もあるかと思います。そのような時は、こちらも無理強いはせず、見学しながら楽しそうと思う時だけ参加したりして雰囲気だけでも掴んでもらえたら良いと思います。嫌なものに参加して「嫌な経験」としてしまうと運動をすることへのハードルが高くなり、戻りづらくなります。まだまだ4月生まれと3月生まれの差もある時期です。少しづつできる事を増やして、ほめて成功体験を増やしてあげましょう。どうしても参加を嫌がっている場合は、運動関係の本、スポーツ漫画やアニメ、スポーツ観戦などから始めても良いかと思います。

 

・内容はどのようなものですか?

Aコース(年長~小3)は、足指、肩甲骨、背骨、股関節のストレッチ、アニマルの動き、ブリッジ、逆立ち、かけっこの基本、ジャンプ、ボール、等、内容は遊び感覚で参加できるように、ゆるめです。

Bコース(小3~)は、身体がだんだん硬くなってくる年齢なのでストレッチも多め、ブリッジや逆立ちなどで自分の身体をある程度支えられる子、Aコースの内容をさらにどこに重心があるのか、力が入っているのか身体の感覚を意識してもらいながら、少し難易度をあげながら様々な動きをします。

Cコース(中学生~)は、身体が発達していく時期なのでストレッチが中心、バランス、反応する力、左右差など調整能力の向上を目指し、柔軟性を上げつつ、同時にパワーもつけていく内容です。自身の身体の調子を自己管理ができるよう指導します。

 

コースがY➪A➪B➪Cになるにつれ、落ち着いた雰囲気となります。

年齢枠はあくまで目安です。特にB,Cはストレッチもしっかり行うのでお話をきちんと聞くことができることも必要となります。

子どもさんが無理!という種目は見学されて大丈夫です。

 

Yコースは安全なこけ方、転倒してもケガをしにくい動き、身体を動かすこと楽しいと思えるような内容です。

 

毎回参加人数や状況により少しずつ内容は変化します。

・子供がスポーツ競技をしているのですがトレーニング指導はありますか?

特定の競技へのフォーム、スキル、トレーニング指導はありません。スポーツや運動を始める為、怪我をしにくい身体作りの為の身体の基礎作り(柔軟性、身体操作性)の向上を目指します。

・小学3年生ですが、AコースとBコースどちらに参加すれば良いですか?

年齢枠は目安です。子どもの頃から習慣にしてほしいストレッチがあり、どのコースでもストレッチを主に指導したいのですが、Aコースの年齢では、ほとんどの子がまだストレッチ指導をしても飽きも早いので、準備運動や身体をたくさん動かすことをメインとしています。幼くゆるい内容になります。Bコースは、ストレッチの時間も多めにとり、残りの時間で身体を動かしていきます。お子様の身体の硬さが気になるならBコースをおすすめですが、最初はAコースに参加されてみて、お子様がBでも良さそうだとこちらが判断すれば、ご提案させていただきます。

・保護者見学は可能ですか?

コロナ対策もあるので、参加者1名につき保護者1名さまのみ屋内で見学可能です。参加人数が多い時は、密対策の為、室内見学不可とさせて頂きます。見学に小さなお子様連れの方は、キッズスペースは無いので、見学にお連れの小さな子供さんから目を離さず、1人で行動させないようにお願い致します。動き回って危ない場合は、親御さんと一緒に車内でお待ちください。院内で発生した事故に関しては、一切の責任を負いません。

 

・参加せずに無料で見学可能ですか?

現在、コロナ対策で最大定員人数を設けているので、無料見学は不可です。入会制度もないので無料体験も行っておりません。申し訳ありません。子供さんの参加を前提にご予約ください。(参加の中で、無理な種目は見学して頂いて大丈夫です。)

・他の時間や曜日も開催はしないのですか?

現状、整骨院業務もありますので、ご希望の方や、土曜日の参加者が溢れる程になれば検討したいと思います。

学生の長期休暇(夏休み等)に平日など開催枠を限定的に増やす予定はあります。

他の時間や曜日で開催ご希望の方は、下記にあるLINEのQRコードにて、朝陽整骨院をご登録して頂き、ご希望の曜日時間帯、年齢を記載し、「他日での運動教室開催希望」とご連絡ください。ご希望が多かった曜日時間から優先的に検討し、開催できそうな場合は、LINEのタイムライン、ホームページにてお知らせいたします。

・体育の授業の内容(跳び箱、マット、鉄棒、縄跳び)は教えてもらえますか?

小学生~向けの器具は揃っていないので、体操教室のように細かく指導は不可です。その種目をする基礎となる身体の動かし方を指導します。

Y、Aコースは少し器具(跳び箱、マット、鉄棒、縄跳び)を使用します。

・柔軟性はあがりますか?

月に1,2回の参加では難しいです。「固まらない身体」を目的としているので、ご参加頂き、ストレッチや動きを覚え、ご自宅でも行うことを習慣として頂ければ、少しづつ変化はあるかと思います。1日の中でも短い時間で頻繁に身体を動かす癖をつけると、固まりにくく、より動きやすい身体に向かいます。

体操やバレエのような柔軟をお求めの方は、早い段階で最初からその教室に行かれることをおすすめいたします。

 

・筋力はつきますか?

特に小学生の時期は、競技により身体を固めることも必要ですが、このコースでは、あまり早くから固めすぎず、身体の柔軟性や自在にコントロールできる操作性を向上させること(例えば競技のコーチから動きの指導などあった場合、すぐに体現できやすい身体作り)を目的としているので、自重を支えたり、身体のバランスを整えていく意味では筋力がつくこともありますが、ウエイトを持ったりする事は、ほとんどありません。

・じっとできない、とても元気の良い子供ですが参加可能ですか?

室内でスペースも限られるので、思いっきり走ったり暴れたりすると危険なので、基本は参加者同士がぶつからないような内容で考え、お話を聞ける子、理解できる子を前提としています。動きの指導の中で、お話を聞いていないと、自身や他の参加者の子に怪我の危険が及ぶこともあります。その場合注意させて頂きますが、何度も繰り返す場合は、参加不可の対応を取らせて頂きます。

・ずっと通わなければならないですか?

いいえ。理想は、参加して頂いた時に、楽しい、またやってみたいと思った種目をご自宅や学校でしたり、身体を動かすことが楽しいという気持ちを知って、大人になっても持ち続けてくれたら良いなと思っています。なかなか家でする機会がない場合は、また都合が良い時に参加して頂けたらと思います。

・ケガのリハビリ中ですが指導してもらえますか?

ケガの予防を前提とした内容なので、現在痛みがある場合は、施術で予約を取って頂くか、病院へ行き、医師から運動許可が出ていればご参加できます。このコースでは、各々の個別指導は無いので、コースの中で出来る動きには参加して頂くような形にはなります。機能回復や痛みの改善への内容ではありません。ケガへの影響がある動きは避けて頂きます。

・駐車場はありますか?

無料駐車場が7台ありますが、道路沿いで駐車の向きによっては、停めにくい場合もありますので、ご参加でご来院の場合は、予約時間よりも早く到着しすぎると駐車できない場合もありますので、5分前を目処にお越しください。終了後も、次のコースの方と入れ替わりがあるので、素早くご帰宅をお願い致します。ご協力をお願い致します。駐車場写真はアクセスページにあります。

各50分 2200円

ご希望の方にYコース(第2.4土曜日の16時30分~17時20分)年少~年長(定員6名)ご予約可能です。

下記は参考写真です。

駐車は上記画像の赤い車の様にお願い致します。停め方によっては、駐車しづらい向きもあります。お気をつけてお越しください。

朝陽整骨院LINE

朝陽整骨院

0947-42-8180